fc2ブログ

余命宣告~2~

2009.6.21

鼻のチューブのせいで、眠れない夜をもう一晩過ごしました。
相変わらず吐き気はひどいですが、なるべく我慢して、こみあげる吐き気を抑えることができるようになってきました。
慣れ、って怖いです。
こんなとても苦しいことに、慣れてしまうなんて。
全身の筋肉がこわばる嘔吐を繰り返し、体力の限界を感じながらも、意識を保っていられるなんて。


主治医の先生は、昨日からとても冷たくなりました。

先生も、人間なんだなあと思いました。
これまで先生を信頼して、耐えてきたことが色々と蘇ってきます。
痛かったことも、怖かったことも、ありました。
特に抗がん剤を打つにあたっては、髪の毛が一本残らず抜けてしまいましたが、いつかまた生えるという言葉を胸に、涙をのみました。

それでも、もう助かる見込みのない患者には、ご自分でも気づかれないでしょうが、よそよそしくなってしまうものなのでしょう。
「この患者に時間をかけてももはや意味はない」
全身から、そんな雰囲気を出していました。

もはや私は、余命2ヶ月を切りました。
今日はそういうお話でした。
静脈瘤もできて、いつ出血が起きてもおかしくない状態であること。
出血が起きたとしても、もう輸血を行う予定はないこと。
内視鏡や鼻からのチューブで、私に苦しい思いをさせることはしないということ。
調停だとか、裁判だとか、そんな長引きそうな話は、もうやめたほうがいいということ。

いかに、自分らしく最期を迎えるか、それを考えて下さい、ということ。


絶望だけがこだまする病室で、私は、音もなく涙を流し、声もなく泣きました。

もう、私は助からないのだという現実と、まっすぐには向きあえないでいる自分がいました。

ただただ、息子の顔だけが頭に浮かんでは消えていきました。




↓生温かく見守ってくれる方は、クリックして下さいね。
スポンサーサイト



テーマ :
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

ありがとうございます。

ただそれだけしか、言葉がみつかりません。
落ち込んでしまう日もありますが、絶対負けたくないという気持ちは、最後まで持ち続けていきたいと思っています。

ありがとうございます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 夕刊ってタモリって読める

うわああああ懐かしい;;

何気なく言ったつもりの一言だったけど、大事に保存してくれてたんだね…
あの頃はいろんな楽しいことであふれてたなあ

りょんりょんは守ってあげたくなる存在だったね、ほんと
今はずいぶん、色々頑張ってるみたいで安心です。

私のブログがもしも1ヶ月に渡って更新されなかったとき、そのときは
星になってみんなを見守ってることと思います。
でも私、あきらめないからね。できる限り前だけ向いて、がんと仲良く生きていこうと思ってます。
やっつけようとするから、がんも頑張っちゃうんだもんね。
もう、やっつけようとしないで、うまくお付き合いしていくことにした。
頑張る。

書込ありがとう!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
↓これまでのお客さま
プロフィール

のん

Author:のん

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
↓メッセージをどうぞ(管理人にのみ送信され、ブログ上には表示されません)

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
花束お届け
父の日・ギフト・花束・母の日
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
↓ケータイで読みたい方
QRコード