fc2ブログ

砂時計

いつも夢見る 時計屋さん

私の好きな 時計屋さん


綺麗な音色で チャイムが響く

短い針に 長い針 

刻み続ける多くの時間


カチカチ チクタク カランコロン


そんな音色に 入り混じる

衣擦れみたいな 砂の音



私は思わず息をのむ



ひときわ大きな砂時計

お店の真ん中 砂時計

屋根まで続く 砂時計


くびれたガラスのびんの底

小さな砂漠の その砂は

過ぎた時間の そのすべて


細くて長い 砂の糸

いつか見ていた 砂浜の

白い真白い 砂の色


私のための 時の砂

いつまで続く この砂は



流れ続ける 細い糸

残りの砂は どれくらい




私に残る 時の砂

細くて 長い 時の砂




↓生温かく見守ってくれる方は、クリックして下さいね。

スポンサーサイト



テーマ : 詩&想い
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

Re: こちらでははじめまして

書込感謝です^^
そんなふうに言ってもらえるととても嬉しいですね。

谷山浩子さん、ですね。いつか本を読んでみたいです。

私の場合は自然に頭に情景が浮かんで、それが言葉として出てくるんですよね。
たまには詩も書きたい日があるので、また是非遊びに来てくださいね♪

こちらでははじめまして

ミキシではありがとうございました。
この詩、優しい雰囲気に感動しました。 俺の大好きな方で谷山浩子さんという方がいらっしゃるのですが、ほんのりと彼女の書く歌を彷彿とさせます。

mixiでも感じましたが、言葉の選び方が繊細で、とても好きです。
↓これまでのお客さま
プロフィール

のん

Author:のん

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
↓メッセージをどうぞ(管理人にのみ送信され、ブログ上には表示されません)

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
花束お届け
父の日・ギフト・花束・母の日
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
↓ケータイで読みたい方
QRコード