fc2ブログ

母 ~3~

2009.6.27

毎日、病室にだまって入って来て、荷物から弁当を取り出し、談話室に行って食事。
戻ってきてからも、私とは目も合わさずに本を読み、何も言わずに、帰る母。

私も、余計なことをごちゃごちゃと言われ、鬱陶しい言葉で話しかけられるより、こうして私をまるで空気のように扱ってもらったほうが、心地良く、楽です。


わかっています。これが、彼女が今取り繕っている「体裁」なのだということを。

普段つきあいのまったく無いご近所に、「娘のことをどれだけ心配しているか」、「祖母の介護をしながら、なおかつ東京の娘の面倒も見るだなんて、どんなに大変か」、「自分がどれだけ頑張っているか」、それらをアピールする、絶好のチャンスなのです。

マルチ商法に手を染め、友達すべてを失い、さらに私の卒業アルバムを勝手に持ち出し、同級生の親全員の家に押しかけては商品を売りつけていた、彼女。
おかげで、私は実家に戻っても白い目で見られ、恥ずかしくて友達には会えなくなりました。
気がつけば親類からも、周囲からも完全に孤立し、もちろん商売も失敗し、多額の借金だけが残りました。
今は、叔母と交代で祖母の介護をしながら、犬を5匹も飼って、孤独を紛らす毎日です。

前回の入院のときに東京に来た際に、ご近所に配る土産について、こんなことを言っていました。
「隣の○○さん、3人家族だから3個だけひよこ持って行ったんだけど、孫連れて上の娘夫婦来ててさ、4つ余計に配らなきゃいけなくなったよ…失敗した。今度から土日には行かないことにする」
…土産の菓子をバラで配る人だなんて、彼女以外知りません。
お隣さんは以前それでも、「昔からおつきあいがあるから」と、彼女の売りつける15万もする高い鍋を購入してくれたこともあったのです。
そんなご恩などはまったく記憶にないのでしょう。

一時的にでも、「誰か周りの人に認めてもらいたい」という彼女が、必死に東京を往復するのは、ほかでもない彼女自身のためでしかないことは、手に取るようにわかります。

33年にも渡って、一度も私とまともに接してきたことのない、戸籍上の母。
心底うんざりします。
彼女に利用されるのはいつもこんな時ばかりです。

曲がりなりにも看護師として働き続けていた彼女ですが、寝坊して遅刻したりすると、必ず私のせいにされました。
同居を始めてからのことですが、確かに私は学校に行く準備をしているというのに、「娘が熱を出して寝込んでいまして、少し遅れます」と、電話口で話す彼女を、幾度となく見ました。
「女手ひとつで育てているのだから」と、周りに必死に言い訳する姿が、憎くてたまりませんでした。

毎朝早く起きて私のために弁当を作り、朝食の準備をし、夕方には晩御飯を共にしてくれているのは、祖母でした。
それほど多くもない年金から、お小遣いをそっと渡してくれるのも、長かった私の髪を綺麗に編んでくれるのも、祖母でした。
少し曲がり始めた腰を、辛そうにしながらも家の隅々まで綺麗に掃除して、チラシを見ながら毎日の献立を考え、買い物に行くのにも、車はおろか自転車も乗れない祖母は、いつもしんどそうでした。
大雪の日には、私の制服の裾が汚れないようにと、庭先の雪かきを済ませてくれていたのも、やっぱり祖母でした。

「最後の娘だと思って育ててるから」と、何でも相談に乗ってくれて、時には厳しく叱ってくれるのも、当然祖母でした。



…それでも私は小学生のとき、「母の日」に、ためていた小遣いで祖母と同じようにカーネーションの小さな花束を買って彼女にプレゼントしたことがありました。
そのときに、花を受け取ろうともせずに彼女が言った言葉は、


「これ買ったお金、いつ誰からもらったの?」


でした。

今にして思えば、あれが、初めての家出でした。
まだ、「母から愛されたい」という気持ちが、無意識ながら私の中にあったのだと思います。
子供ですから、当然といえば当然の、本能的な感情なのかもしれません。
だからこそ、愛されていることを確かめたくて、わざわざ心配させるようなことをしてみたりしたのだろうと思います。
心理学とか、よく知りませんが、私は少なくとも今そう思います。

でも、そんなことをしても無駄でした。
そうした「ショック」を受けるたびに家出を繰り返しても、彼女が私を心配することなど全く無いのだということを悟るまで、さほど時間は掛かりませんでした。

私の場合、怒りや寂しさ、悲しみ、救いを求める気持ち、憎しみは、外に向くことなく内へ内へと向かっていきました。

その結果、初めて自分の手首を切ったのが、小学6年の7月のことでした。





↓生温かく見守ってくれる方は、クリックして下さいね。
スポンサーサイト



テーマ : 家庭内事情
ジャンル : 結婚・家庭生活

コメントの投稿

非公開コメント

Re: すいません

このブログの主旨は、半年以下の余命の中で、私がどんな「人間」であったか、どんな考え方で子育てをする「母」であったのか、どんな感性の「女性」であったのか、死ぬ前に少しでも息子に伝えておきたいということです。今後もそのスタンスは変わりません。それが、結果として日本一になってしまうほどに長い長い遺書になってくれたらいいのに、と願っているだけです。願う理由は、少しでも長く生きていたいという思いからです。ですから、もとから「かなわぬ思い」なのです。目指しているのとは全く違います。もし、日本一長い遺書を書くことそのものを目指しているかのように見えたのでしたら、大変ショックです。日本一長い遺書を書きたいのなら、今から始めれば誰もが私より長い遺書を書くことが可能なはずですし、それこそ「どうせならギネスを目指す」ということも簡単でしょう。私よりもずっと長く生きられるのですから。「気に障った」というより、理解していただけなかったショックが大きく、日記の内容をご覧になっていただいた上でなおかつ、くまさんにそう思わせてしまった自分の文章の稚拙さを呪いたくなるばかりです。言葉って難しいものですね…精進します。ですから謝らないで下さい。こちらこそ申し訳ありません。

すいません

お気を悪くされたら、申し訳ありません。
ブログには、感銘を受けました。どうもすいませんでした。

Re: ギネス記録をめざせ!

>くまさん

初めまして。(ですよね…?)どなたか存じ上げませんが、このブログは決して、ギネスを目指すとか言う主旨で綴っているものではございません。「タイトルは良い」とのことですから、果たしてブログの中身はご覧になっていただけたのか不明ですが、よろしければざっと目をお通しになって、私の心境をご理解下されば幸いです。「めざせ」というご命令通りにはいきませんので、どうぞお許し下さい。申し訳ございません。

ギネス記録をめざせ!

タイトルは良いですね。せっかくなら、ギネス記録を目指しましょう。

Re: No title

>こんぺいとうさん

ありがとうございます。
このタイトルは私も気に入っています。
昔、「日本一短い手紙」というシリーズ本が売れたことがありましたよね。あれのまったく逆に、長々とした手紙を息子に宛てて書きたい、と思ったのがきっかけでした。

このブログでは、私の母についてのエピソードは、まだほんの一部しか書いていません。
それこそ33年分ですので、語りつくすまでにはとても長く続いていくと思います。
べつに、わざわざ他人の目に触れるようなところで書き続ける必要性は誰も感じないかもしれないですが、私自身が、人間らしさを保つためにどうしても必要なことなので、我慢することなく、私の日記としてずっと吐き出し続けていくことをお許し下さい。
彼女が、今後一瞬でも「母性」というものを得ることがあるのかどうかは、それを全てご覧になっていただいてから、またコメントをいただければと思います。

でも、こんぺいとうさんが見ず知らずの私のために、ごく当たり前のささやかな幸せが舞い降りることを願ってくれるそのお気持ち、心から感謝します。

こんぺいとうさんのお姑さんもなかなか手ごわそうですね。私はとても無力で、誰にも何もしてさしあげられない人間ですが、どうか少しでもこんぺいとうさんが心おだやかに過ごせるよう、願います。

慎重に言葉を選んでコメントして下さって、本当にありがとう。
そうそう、スクランブルエッグは、白身と黄身がほぼ完全に混ざりあうまで、よ~くかき混ぜて(2分ぐらい)からフライパンに流し入れると、ふわふわになりやすいですよ♪試してみて下さい。

また、遊びに来て下さいね。

No title

のんさんのブログに目をひいたのはタイトルです。
タイトルからも息子さんを想う気持ちがうかがえます。
コメントしたいな、と思いながらも内容が濃い(上手く表現できません。ごめんなさ。)ので軽々しく(これも上手く言えませんが)コメントできずにいました。でも、のんさんとお話したいと思いました。
幼子には母親の存在が一番だとおもいます。なのに、のんさんのお母さん。母性はないのでしょうか?長年、眠ってたものが何かのきっかけ
で出てこないでしょうか?何もわかってないって、のんさんに叱られるかもしれませんが、そうなればと強く思います。
異常にお金に執着する人、ケチな人っています。私の姑がそうです。のんさんのお母さんとはタイプが間逆かもしれませんが我慢して我慢して貯めこむタイプです。靴下はかかとに大穴。隣に住んでますが、私の娘が産まれた時、ご近所から頂いた祝い金は今まで自分がした付き合いからのものだと没収(笑)されました。お土産は買いません。のんさんのお母さんのバラのお饅頭のところは笑えました。

しっかりした文面に、のんさんのパワーを感じます。
日本一限りなく長い遺書に力を感じます。
↓これまでのお客さま
プロフィール

のん

Author:のん

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
↓メッセージをどうぞ(管理人にのみ送信され、ブログ上には表示されません)

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
花束お届け
父の日・ギフト・花束・母の日
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
↓ケータイで読みたい方
QRコード