fc2ブログ

生命

2009.6.24

歩けるようになりました。つまり、この個室の範囲なら動いていいってことです。

導尿カテーテルも抜けました。
「自分でトイレに歩くように」って。
ベッドのすぐ隣にあるんですけどね。
でも一応、「最初のトイレ2回ぐらいはナースコールして下さいね、補助します」って言われました。

管を抜くのは少し痛いものです。
友達に聞いたら、入れてあった期間が長ければ長いほど、痛いらしいです。
抜けたあとの尿道が、なんかへんな感じです。
抜いてしばらくしたあと、うっかり、尿漏れしました。小さじ1杯分ぐらい。

あわてて立ってトイレに行こうと思いましたが、点滴になんだか二つ機械がはさまっていて、そのコンセントを抜かないといけなくて、それに、足の筋肉もすっかり弱っていて、立つのだけでもやっとでしたから、すぐには無理でした。
それになんか、胸にくっついてる心電図の配線もあったりで、色々手間なのです。
でもなんとか我慢できたので、パジャマまで濡らさずには済みました。
看護師さんも、付き添ってくれて心強かったです。

足は、正直なところ本当に一歩歩くだけでガクガクします。
ひざに力が入りません。

でも、ベッドの上で何もできずに呻くだけだった私が、こうして自分の足で立っているのです。

「ああ、私 まだ生きてる。生きてるんだ」

苦しかった時間が長ければ長いほど、生命を感じること、ありませんか。
高熱にうなされた時間が長ければ長いほど、熱が下がったときに、みなぎってくる生命力を、感じるように。


モルヒネ

私はまだ生きます。

まだ、死んでいるヒマなんかないんです。


先生が死ぬと言っても、
誰かが私を、助からないと決めつけても、

身近な誰かが、私の死を願っているとしても、


私は、生きていたいんです。



この一歩から、次の一歩へと踏み出す力がある限り。






↓生温かく見守ってくれる方は、クリックして下さいね。

スポンサーサイト



テーマ :
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: No title

>さぷりたん

どもども、そうです この日記は6月24日当時の日記です。
アップロードするために書き溜めてたネタが尽きてきたのでそろそろこれまでの日記を放出していかないと…

ちょっとこのごろやることすごい多いんです、忙しいのです。

お蔭様で、日記の通り元気になってきています。ありがとうね。

Re: だいじょうぶ

うん。
いつもありがとう。
生きるって決めてるからね。
だいじょうぶだ。
だいじょうぶ。

No title

尿管から管抜くときいてーんだよなww
痛いし恥ずかしいしもう2度とやりたくないと思っていましたがー。

今振り返ると羞恥プレイとしてなかなかのモノだと思います。
かわいい看護士さんがやってくれるならもっかいやられたいです。
不思議です。



この日記は6月24日現在のことだと思ってOK?

良くなってよかったねー^^
ちと遅くなりましたがww

だいじょうぶ

だいじょうぶ。
のんはもっともっと生きるよ。

生きて。
のんのために、みんなのために。
↓これまでのお客さま
プロフィール

のん

Author:のん

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
↓メッセージをどうぞ(管理人にのみ送信され、ブログ上には表示されません)

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
花束お届け
父の日・ギフト・花束・母の日
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
↓ケータイで読みたい方
QRコード