fc2ブログ

第二回調停

久しぶりの外出。

無理をおしての外出だけど、負けるわけにはいかない。

元夫は、私の名義のマンションに住む権利がないなら、仕方ないからマンションは出て行くとのことだった。
「そのかわり」
やっぱり、予想通りの言葉が続いた。

元旦那様は、そのかわり、息子さんの親権は絶対に渡さないとのことです


やっぱりね。
私が死ねばマンションが自動的に息子に相続される。
貯金や保険金も息子が受け取ることになる。

そのとき、その息子の親権があれば。

すべては結局自分の思いのままになる。
ほくそ笑む旦那の顔が目に見える。
悔しい。悔しい。悔しい。


でも、今日はそれよりももっともっと悔しいことがある。
今回から、調停委員さん2人のほかに新たに加わった「調査員」という存在が、私を見て冷ややかに言ったのだ。

いつ頃まで生きていられるご予定なんです?だいたいお医者様から言われてません?たとえば…余命とか。」

「収入もないんでしょ?どうするつもりなんですか?」

「鬱病治ったって言ってますけど、今ひょっとしてカウンセリングとか受けてるんじゃないんですか?薬もらったりとか」

「具合悪くなって何回も入退院繰り返してるみたいですけど、子育てできませんよねそんなんじゃ」

「もし死んだら、誰が息子さんの面倒見ることになるんですか?」

「元旦那さんの話では、今日も入院してるなか外出で来られてるそうですけど…いつまで入院してるんですか」



…次々と浴びせられる冷ややかで心の通わない言葉に、元夫の姿が重なる。
めまいがして、吐きそうになった。


圧倒的に私は、最初から不利だというのはわかってたけど。

どうやら最悪の調査員さんが、ついてしまったようだ。




ねえ神様。


そこにいるんでしょう?

出てきなさいよ。



私がいったい何をしたっていうの。

どうして、こんなにもひどいことしか、私には残っていないの。


答えて。

まともな答えがないなら、殺してやるから


ほら、さっさと出てきなさいよ。





↓生温かく見守ってくれる方は、クリックして下さいね。
スポンサーサイト



テーマ : 家庭内事情
ジャンル : 結婚・家庭生活

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

>ゆう 様

毎日ブログをご覧になって下さっているんですね。
まだ日は浅いのですが、ブログをはじめてみて、痛感しています。
見ず知らずの方にまでこんな風に応援していただけるなんて、本当にありがたいことだなあと…

時々、見苦しい内容になるとは思いますが、良かったらこれからも遊びに来て下さいね。
何かできることはないか、と赤の他人のために考えて下さったそのお気持ち、とても嬉しいです。

それと…息子にはもちろん、きっと私にも、幸せが降り注ぐ瞬間があると信じてます。
死の扉がすでに目の前に開いているとはいえ、まだ、自分の足で歩き、すこしの食事をしながら、こうして生きているのですから。
だから、最期まで諦めずに、頑張っていきます。
ありがとうございます。

No title

そうだったのですね。出すぎた心配をしてごめんなさい。
実は数日前から毎日ブログを拝見しています。私にも息子がいますので、胸を締め付けられるような思いです。
何か私に出来ることはないかと考え、そのたびに何も出来ない自分に無力感を感じています。
このブログがのんさんの生きる目標であるなら、私はその読者であり続け、のんさんの思いをしっかり受け止め自分の道を生きていくこと、今の私に出来ることといえばそのくらいしかありません。
息子さんに、のんさんの分までたくさんのたくさんの幸せが降り注ぎますように・・・・。

Re: No title

>ゆう 様

書き込みありがとうございます。

現実的な話をしてしまいますが、すでに遺書は弁護士さんと相談のうえ別に作成しており、
息子あての手紙も日々書き綴っております。
このブログは私の、いわば「生きる目標、生きがい」として続ける日記となっております。
恨みつらみを吐く場所すら無くなってしまいますと、正直私はとても辛いのです。強い人間ではありませんので。
ベッドの上で、ほかに出来ることが何一つありませんし…

なおこのブログは私の知人の手で、死後一定期間を過ぎて削除することになりますので、ご心配には及びません。
また機会があれば、お立ち寄り下さいね。
そのときまで、ブログが続いていることを願います。

No title

恨みはすべてあなたが持っていって、息子さんには愛だけを残してあげてください。この遺書は、あなたのいない世界で生きていかなければならない息子さんの生きる支えとなるのですから。

Re: No title

初めまして、書きこみありがとうございます。
調停を乗り越えて息子さんの親権を得られたとのこと、本当に良かったですね!
今はお子さんと素敵な時間を過ごされていることと思います。

私も諦めずに調停を続けていきたい気持ちはあるのですが、命のタイムリミットが迫っているので、どうするかとても悩んでます。
そして、この調査員…私も思わずにらみつけてしまいそうになりました。
心象を悪くしないようにと必死でこらえましたが、手足はガクガクと震えていました。
握りこぶしが、自然とできてしまっていました。

調査員としての立場から、たしかに「子供の利益」のみを追求していかなくてはならないのもわかりますが、果たしてこんな鬼のような発言をする人が、子供の利益・福祉だなんて考えていけるものかどうか、甚だ疑問です。

弁護士さんに、変えてもらえるかどうか聞いてみますが…
また最初から調停のやり直しになる可能性が高いですよね。
そしたら…それこそ、すべてが水の泡になるのかもしれません…

私に、あとせめて半年だけの命があったなら。
悔しくて、悔しくて、涙が止まりません。

だけどなつみさん、まるで自分のことのように、こんなコメントを残していただけて本当に感謝します。
気分がすうっとしました。
わかってもらえる人がいた、それだけで、救われました。
ありがとう。
ほんとうに。

No title

同じ人間として調停人のかたの言葉信じられません。
人の心が通ってないのでしょうか?私は調停離婚し一人息子の親権を取りましたが、調停中はただでさえ子供をとられたくないという気持ちで母親は必死なのに・・ひどい言葉で涙が出そうです。
最低な調停員・・顔が見てみたい、そして顔をひっぱたいてやりたい。
調停員を変える事はできないんですか?

Re: まったくもって腹立たしい

本当に傷つきました。
この1年間で最もキツい言葉だったかもしれません。
しかも、赤の他人に。
私なら、たとえどんな立場であろうと、言えないですよとても。
「いつ死ぬんですか」だなんて。
調査員というか、人間としての資質を疑います。

今後もしも親権争いをするかもしれない方々がこれを見ていらっしゃるとしたら、私からアドバイスしておきます。
調査員は、なんとかして自分を怒らせて、自分を試そうとするロボットなのだと思って下さい。そうしなければ、辛い思いをします。

弁護士さん曰く、調停で決着が着かない場合、審判に移行しますが、その審判の際にもっとも裁判官が意見を参考にするのが、この調査員の意見なのだそうです。
調査員の好き嫌いや機嫌だけで、親権の行き先が決まるといっても過言ではないですから、弱者は、耐えるしかないのだそうです。

結局司法なんて、そんなものだったんですよね。
私の信じられるものは、もうこの世には無くなってしまいました。

私が例えば死刑囚だったとしたら、受け入れなくてはならないものもあるはずですが…
私、本当に何もしてません。
なんにも、悪いことなんかしていないんです。
それなのに、死ぬ間際までこんな扱いしかされないんです。

人間に対してもっとも残酷になれるのは、人間以外の何者でもないですね。
その逆も、有り得るはずなのに。

まったくもって腹立たしい

調停員や調査員てのは弁護士さん通してってのは
交渉できないんですかね。
こんな暴言吐くとは・・・

ICレコーダーで会話録音してこの調査員
逆に訴えてやりたい位だわ! (`ヘ´#)

精神的苦痛を受けたで十分通りそうだけど・・・
↓これまでのお客さま
プロフィール

のん

Author:のん

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
↓メッセージをどうぞ(管理人にのみ送信され、ブログ上には表示されません)

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
花束お届け
父の日・ギフト・花束・母の日
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
↓ケータイで読みたい方
QRコード