fc2ブログ

備忘録として とりあえず…

H19.3月中旬 胃に激痛が走る→次の日病院に行く→なんか胃カメラ飲む前に血液検査しないといけないとかで、適当な胃薬だけ出される→だが割と効いた(オメプラール20という、実はすごい強い薬だった)

H19.4月中旬 仕事など色々あって予約日に行けず、ズレにズレ込んでやっと胃カメラ→胃潰瘍・十二指腸潰瘍と言われる→また1か月分例の胃薬出される→だが痛みが次第に強くなっていく→仕事中も痛くてめまいがすることが多発(痛みは胃ではなく、わき腹から背中にかけてだった)

H19.5月下旬 再通院→「ぜんぜん痛み取れません」→「おかしいですねえ、もうとっくに治ってもいい頃ですよ」→CTとかMRIとかバリウム検査とか尿検査とかレントゲンとか血液検査とか、ほとんど毎週通院して色々やった→でもどれもこれもまったく異常なし→もう一回胃カメラの予約をする→でもまだ例の薬は飲み続け中。前回の胃カメラの検査では、ピロリ菌陰性・ガン細胞なし。

H19.6下旬 胃カメラ飲む→十二指腸まで入らない→ぎゅうぎゅうカメラ押される→激痛でうおおおと叫ぶ(カメラ飲んだままだから、うおおおだった)→細いのに変えても、さきっぽにプラスチックつけても、何やっても入らない→胃の出口が狭くなりすぎてるのが原因らしい→先生頑張る→私も頑張る→でも入らないのでまた叫ぶ→あまりの激痛で気を失いかける→先生諦める→「…一応血液検査だけしておきます。胃だけを見た感じでは、よくも悪くもなってませんね。胃の出口は狭くなっていってるので、手術になるかもしれません。このままだと食べ物が通らなくなりますので」

H19.6月下旬(上の通院の次の日) 「○○(私)さんですか、今日か明日か、病院にすぐ来てほしいのですが」→次の日話を聞きにいく→「昨日の胃カメラの検査の結果でも、やはりピロリ菌もいませんし、ガン細胞もありません。ただ…外科の先生に相談してみたところ、胃壁ではなく、胃の出口の外側にガンができている可能性があるとのことです。というのもですね、昨日の血液検査で、C19-9といって、腫瘍マーカーなんですけどね、600という数値が出てまして…普通の人は20~30なんですよね」→「要するにガンですか、私」→「その可能性が出てきましたので、外科で受診して、腹腔鏡で一度、おなかに小さな穴をあけてみてもらって下さい。これ以上は内科で検査してもわからないのです。外科で見てもらうのは最終手段です。今、胃潰瘍と十二指腸潰瘍になっているのも、ガンが原因かもしれないんです。ピロリなしでこれほどまでに治りにくいのはそうそうありませんから」→「はぁ」→外科受診→「なるべく早く診ましょう。あなた若いからガンの進行速いしね。これほど検査して何も見つからなかったということはね、スキルスといって、悪性のガンだと思うんだわ。腫瘍マーカー出たってことはね、胃だけじゃなくてどっか転移してると思うんだよね。胃ガンだけだとこの数値出ないから。だからね、腹腔鏡でまず覗いてみて、転移がひどかったら手術はしないわ。いけそうだったらそのまま手術するからね。胃を、最低でも2/3は取るからね。じゃあ、早速予約入れますからね。おだいじに」

H19.7月上旬 「○○(私)さん、手術の日が決まりましたので、あさってから入院して下さい」→「むりwwwいま東京に出張中wwww」→「…わかりました、いつがいいですか?」→「7月の3連休、温泉旅行なので~…そのあとがいいです」→「…わかりました、おだいじに^^;」

H19.7.19 職場にしばしお別れの挨拶。「明日から入院してきまーす。長いかもー!」→「いってらっしゃい^^(会社の人は病名あんま知らない)」

H19.7.20 入院→「今日から水しか飲めません」→え~~~~(何か最後においしいもの食べておくんだった…)

H19.7.23 検査(兼手術)→やっぱりガンだった→「でも転移ひどくなさげ」(といったかどうか不明)→胃2/3、十二指腸半分、胆嚢全部取られる→目が醒める→体に6つぐらい管が入ってて、酸素マスクつけられてる→「あー、こりゃガンだったね。手術されたね。テオクレってわけじゃなかったのかね」と考えている間にまた気絶

手術後3日目で立って歩かされる(激痛)→手術後4日目で水を飲めるようになる→5日目で流動食スタート→おなかの傷を見る→長々とした傷に驚く→少しへこむ→順調に管がはずれていって、おかゆが食べられるようになって、8/5退院

現在もおかゆとかポタージュで少しずつがんばっている。
お腹の傷は、くっつくのにまだあと半月はかかる。
重いものが持てない。
少し動いただけで疲れるので、しょっちゅう横になる。
先日、お腹を少し冷やしただけで1日中激痛を伴う下痢になる、という体験をしたので、怖いので腹巻をしている。
傷が痛いので背筋を伸ばせず、腰を曲げながら歩いてしまう。
よぼよぼ。
ガンになってからというもの、彼氏にも別れを告げられ、孤独すぎておかしなことを考えてしまう。
職場からもクビをほのめかされたらどうしようと悩む。
というか今までの私の過去を知る、以前からの友達ならわかってくれると思うけど…「何で自分の人生って、こんなに最悪なことばっか続くんだろ…?」という思いが頭をもたげる。

7/20の時点から体重が5キロ減った。
先生いわく、「今後は1ヶ月で1キロのペースで落ちるでしょう。1年後ぐらいから、また少しずつ増え始めるでしょう。」
でもいいや、痩せてげっそりしてるほうが、かわいい服が何でも似合うから。モデルみたいにw(プラス思考)

大丈夫、きっと大丈夫。
なんかのCMで見たよ。
シンデレラだって、みにくいあひるの子だって、幸せなのは最後の1ページだけだから。
私の最後の1ページは、きっと誰よりも幸せなんだと信じて、沢山の人に、いろんなことに、感謝しながら生きていこうと思ってる。



----------------------------------
以上、術後しばらくして、ちょっとばかりかじったミクシィより転載。
現在、2009年6月25日。
あの手術からもうすぐ2年。
東京、窓の外は夏と梅雨のはんぶんずつ。
病院のベッドの上。
体調のいい日は必ずこうして、いろんな自分を記録しよう。



↓生温かく見守ってくれる方は、クリックして下さいね。
スポンサーサイト



テーマ :
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

Re: (*`・ω・´)q

そうなの…吐血しちゃってね。
数日ものすごい大変だった><
今はやっと落ち着いてきたところかな。

るみちょも元気そうでなにより。
これからどんどん長い「遺書」になるけど、最後までつきあってね☆

Re: 長ーく長ーく

こんにちは。
早速のコメントありがとうございます。
そうですね、長く長く。
われながら、前向きな心を取り戻せるタイトルのブログにできたと、思ってます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

長ーく長ーく

無理をせずにゆっくりと。

体調の良い日は近況聞かせてください。

(*`・ω・´)q

今も病院なんだね。

本当、
願わくばブログタイトル通りになりますように……☆。゜*。*゜*。
↓これまでのお客さま
プロフィール

のん

Author:のん

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
↓メッセージをどうぞ(管理人にのみ送信され、ブログ上には表示されません)

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
花束お届け
父の日・ギフト・花束・母の日
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
↓ケータイで読みたい方
QRコード