FC2ブログ

息子へ ~3~

いま、あなたは小学校4年生。
まだまだしばらくは9歳だけど、そろそろ早生まれの影響もほとんどなくなって、みんなとおんなじになれてるかな。
授業にも自然についていけるようになって、自分でできることも増えてきたかな。

ママとパパはね、1998年の、10月11日に入籍したの。
入籍っていうのはね、結婚ってことよ。
お役所に行って、「婚姻届」っていう紙に、パパとママは結婚して夫婦になりますって書いて、出すのよ。

あなたも、大きくなったら素敵なお嫁さんを見つけて、おなじように結婚する日がきっと来るからね。
でもきっとね、あなたならその素敵なお嫁さんと、「結婚式」を挙げられるんじゃないかなって思うよ。
だけど、結婚式ってね、ちょっとお金がかかるんだ。

ママもパパもね、結婚したときにちょっと理由があって、お金がぜんぜん無かったの。
だから、一番安い結婚指輪だけを買って、それでおしまいだった。結婚式なし。
どうしてお金が無かったのかは、また今度ゆっくり話すね。

ママ、すっごくあこがれてたんだけどね…ウェディングドレス。教会でライスシャワー。ブーケは手作りして…なんてさ。仲のいい友達に、「おめでとう」って言ってもらえるのを、楽しみにしてた。
披露宴っていうのもあるんだけど、それも、すごく憧れてたよ。
大きな大きなケーキを、ナイフで二人一緒に切るのよ。
親戚のお姉さんやお友達、いろんな披露宴に行く度に、いつか私もあんな風に…って思ってた。
綺麗なドレスや、着物を着たり、みんなのテーブルのろうそくを灯して静かに歩いたり…
みんなすごく綺麗で、すごく幸せそうで。
結婚したらみんなあんなふうになれるんだ、って信じてた。

女の子なら、一度くらいは夢見ることあるんじゃないかな、って思う。
綺麗な花嫁さんを見るたびにね。
だからママも、そんな「かわいいお嫁さん」に憧れる、普通の女の子だったのよ。
今じゃ想像できないかな?
ずっとずっと歳取っちゃって、もともと顔だってちっとも可愛くないものね。

あなたは、大切な人を、一番綺麗で幸せな舞台に立たせてあげてね。
きっとよ。
あなたなら、ちゃんとお嫁さんを幸せにしてあげられるから。
誰よりも幸せな家庭を、つくっていけるから。

だからママね、あなたが結婚するときまでずっとお金に困らないように、ちゃんと貯金を残しておいてあげるつもり。
…パパやおばあちゃんが、ママの残したお金を使ってしまわないように、少しでもきちんとあなたの手に渡るように、ちゃんと弁護士さんに相談しておくから。

ママはもう、あなたのために残してあげられることがたったそれだけしかない。
まだ小さいあなたに、残してあげられるプレゼントが「お金」だなんて、なんて悲しいんだろう。
でも、それしかないの。

本当に、ごめんね、こんなママで。
お金をあげてごまかす存在にはなりたくなかったんだけど…結果的にはそうなっちゃうね。残念。

もっともっとたくさんお話をして、たまに、お料理も教えてあげたりしたかったな。
あなたはママの作るふわふわのスクランブルエッグが大好物だから、上手に出来るようになるまで、あなたにコツを教えてあげたかった。
星が見えるような綺麗な夜空が眺められる旅館で、一緒に温泉に浸かったりしたかったなあ。
あなたは、子どもの割にことのほか温泉が好きで、「はぁ~極楽、極楽」なんて言う子だものね。
お習字も、もっともっと教えてあげたかったな。
あなたは、漢字を丁寧に書くと、とっても上手だものね。ママ、子供の頃全国書道コンクールで銀賞取ったことがあったけど…えへへ、これは自慢よ?
だけど、あなたならひょっとして、このまま練習を続けてたら金賞だって取れたかもよ?

あなたは、本を読むのが大好きだから、もっともっと図書館に連れて行ってあげたかったなあ。
ズッコケ三人組のシリーズ、まだ全部読んでないよね。読むのがとっても早いから、この夏休みにも全シリーズ読破できたかもしれないのに…
パパは、あなたを図書館に連れて行ったことなんか一度もないものね。
ママ、なんとかパパに最後の手紙でお願いしてみるけど、もしも連れて行ってもらえなかったら、ごめんね。ママのお願いは、残念だけどきっと、パパには聞いてもらえないから…

あなたのこと、どんな小さいことでもいいから、もっともっと見ていたい。
毎日成長し続けるあなたを、そばで見ていたい。
あなたがいつか、ママのことを「うるさい存在」って思うようになっても、それも大切な成長の一歩だと受け止めたかった。
そしてそんなときには、そっとあなたのこと、見守っていられる存在でいたかった。
おいしいご飯を作って、綺麗に制服のワイシャツをアイロンがけして…
「行ってらっしゃい」「お帰りなさい」を毎日言いたかった。

困ったとき、苦しいとき、悩んだとき、真っ先にあなたが頼れるような、そんな存在でいたかった。
それこそ、あなたにこの世で一番大切な人ができて、新しい家庭を築く、その日まで…

あなたが選んだ大切な人だもの、私も、同じように大切にしてあげられる自信は、あったのよ。
嫁姑、ってなんだか難しい関係らしいけど、ママは、自分が家庭に恵まれてこなかったから、せめてあなたの家庭だけは、あふれるぐらいの幸せでいて欲しいと思ってた。


誰よりも大切なあなた。

まだまだ、こんな小さなことばかりじゃなくもっともっと沢山のことをしたかった。
もう大丈夫、もう私がいなくても平気ねって、そう思える日が来るまで、あなたを支えて、応援していたかった。

こんな病気になってしまって、本当にごめん。
あなたは何も悪くないのに、ママのせいで寂しい思いをすることになってしまって、ごめんね。


だから、せめて私の残すお金を大切に使ってね。
もしかしたらあなたの知らないところで、そのお金すらも全部なくなってしまってることが、あるかもしれない。
でも、ママが必死に残そうとしたことだけは、どうか知っていてね。

あなたが中学を受験したいと言ったときにも、お金がちゃんと降りる。
あなたが大学院を受験したいと言ったときにも、お金がちゃんと降りる。
そして今言ったように、大切な人と結婚式を挙げたいならそのためのお金がちゃんとある。
学資保険にも入っているし、あなたのための口座にお金をきちんと残してる。

あなたには、お金なんかで絶対苦労しないでほしいから。
ママが味わって来たような、つまらないことで余計な苦労をしてほしくないから。
どこまで守りきれるかわからないけど、どうか少しでもあなたの手に渡るように、ママは祈ってます。


どうか、私の残すお金を、あなたがきちんと自分のために使えますように。




↓生温かく見守ってくれる方は、クリックして下さいね。
スポンサーサイト



テーマ :
ジャンル : 心と身体

息子へ~2~

昭和51年1月。
私は、青森県青森市で生まれたのよ。知っているよね。

私のママ、つまりあなたのおばあちゃんは、ママのパパ、つまりあなたのおじいちゃんと、すぐに離婚してしまったの。
私がまだ生まれて半年しかたっていない赤ちゃんだった頃にね。

私は、パパの顔を知らないんだ。
ママが、一度もパパに会わせなかったから。
写真も、見たことがないし、お墓参りも、したことがない。

私はずうっと、「パパは病気で死んでしまったの」と聞かされてた。
でも、それは違ってたんだよ。私が3歳になるまでは。

私のパパは、私が3歳のとき、本当に死んでしまったの。
肝臓ガンだったんだって。
このお話は、私が中学生のときに知らされたの。

私は、生きているパパに一度も会えないままだったことが、とても悲しかった。
たとえどんなパパであったとしても、ママよりはずっといい人だったんじゃないかと、思ったりもした。

なぜって?
ママはね、私を、両親に捨てられた子供とかが入る、施設に入れようとしたの。
育てたくなくなったんだって。
ママは看護師さんだったから、お仕事が大変なのもあってね。

だけどね、施設には結局行かなかったんだ、私。
私のおばあちゃんとおじいちゃん、つまりあなたのひいおばあちゃんと、ひいおじいちゃんが、可哀想だっていって、育ててくれることになったの。

おばあちゃんとおじいちゃんは、とっても優しくて、それに時には厳しかった。
すごく可愛がってくれたし、いろんな思い出があるよ。
今の私が、「いいお母さん」かどうか… それは私にも、わからないけどね、私は、おばあちゃんを思い出しながら、あなたを育ててきたんだよ。

おばあちゃんはこんなことに厳しかったなあ、とか、おばあちゃんはこんなときによく褒めてくれたなあ、とかね。
反対に、ママのことは… 「絶対にあんな母親にはならないぞ」、って思うときに、思い出すことがあるんだ。

例えばね、私が小学生のときにこんなことがあったの。
私は、学校であったいやな出来事を、一生懸命ママに話してたんだけど、ママはちっともこっちを見ないで、ずっと雑誌を読んでるの。
だから、聞いてみたの。「ママ… 私の話聞いてくれてないの?」ってね。

そしたらママはこう言ったの。

「あんたの話なんか聞いてないよ、いつも」

私、たぶんあのときすごくショックだったんだろうなあ。
その夜眠れなくってね。なんだか涙が止まらなかった。
でも、なんだかおばあちゃんにもそのことを話せなくて…結局ずっと、そんなことを時々思い出しては、忘れようとして一生懸命別のことを考えようとしたりした。

ねえ私、ちゃんとあなたのお話、聞けてたかな?

お友達と遊んだこととか、学校でどんなお勉強してきたかとか、どうして雨は降ってくるのかとか、あなたは一生懸命私に話してくれるから、いつもすごく嬉しかったよ。

目をキラキラさせて、「これはどうして」「あれはなあに」と私にたくさん質問してた、小さな頃のあなたも、思い出すと可愛くて可愛くて仕方ない。

並べたお布団で、一緒に寝るとき、よく手をつないだね。
昔話をせがむあなたの寝息が聞こえるまで、たくさんお話をしてあげたね。

でも私、ちゃんとあなたのお話、聞けてたかな?


もし聞けてなかったときがあったとしたら、ごめんね。
寂しかったよね。

もう、そばでお話聞いてあげられなくて、ごめんね。


でもね、遠い遠いところから、あなたのことは毎日見てるからね。
ずっとずっと、あなたのこと見てるからね、これからも。




↓生温かく見守ってくれる方は、クリックして下さいね。

テーマ :
ジャンル : 心と身体

息子へ~1~

2000年、3月28日うまれ。

体重3790g、身長51センチ。
周りのどんな新生児にも負けない、どっしりと立派な赤ちゃんでしたね。
生後5ヶ月のときにはすでに離乳食もけっこう進んで、おなかも壊さず好き嫌いもしない、とてもいい子でした。

そんなあなたと出会えてから、もう9年以上経ちました。
やんちゃで、甘えんぼうさん。
お友達は多いほうかな。よく友達を遊びに連れて来るね。
ママの作るおやつ、みんなで仲良く「おいしい!」って食べてくれて、ママもうれしい時間です。
みんなと盛り上がってる、最近のゲームの話題には、ママもついていけないときがある。
でも、ドラクエはママも大好きだよ。

ママは、あなたのほっぺが大好きです。
生まれた頃から、変わってないの。
横顔で見ると、ぷっくりとふくれて、なんべんでもチュウしたくなります。
前は、よくママにもチュウのお返しをしてくれたね。
最近はすっかり照れ屋さんになっちゃって、少しさみしいです。
でも、それもあなたがしっかり成長してるしるしだから、とても嬉しくもあります。

毎日きちんと歯磨きをしているおかげで、いままで虫歯にかかったことは一度もないよね。
それに、毎日きちんと残さず食べて、とっても偉いなあと思います。
ママは好き嫌いがとっても多かったし、歯磨きが下手で虫歯だらけだったから。
最近またプールの授業が始まって、日焼けしてきた顔色に、真っ白い歯がとても綺麗です。
うらやましいくらいですよ。

プールの授業は楽しいね。
今年は、バタ足だけでなくちゃんとクロールで25m泳げるようになるといいね。
学校のお勉強には、ぜんぜんついて行けなくっても、大丈夫だよ。
ママだって、そんなときもあった。
何をやっても、早生まれの子には辛いんだよね。
もうちょっと遅くに生まれてくるようにしてあげられなかったママがいけないね。
ごめん。

でも、こんなこと言ってるけどママは、毎日のようにあなたを怒鳴りつけちゃってるよね。
忘れ物をしたらそれを叱り、宿題をやらなきゃそれを叱り、ゲームばかりやっていればそれを叱り…
いやになっちゃうよね。
反省、反省。
ママのこと、嫌いになっちゃってないかなって、時々心配になります。
でも、なんにも叱らないのは、それもそれでよくないから、叱るのを3回我慢するように、ママも努力します。

どうやって我慢しようか、ママはもう考えてあります。
1回目は、あなたが一番最初に微笑んでくれた、あの笑顔を思い出すようにします。
2回目は、あなたが一生懸命によちよち歩きをして、私のところに歩いてきてくれた姿を思い出すようにします。
そして、3回目は。あなたが初めて「ママだいすき」と口にしてくれたことを、思い出すようにします。

あはは、いつもいつもこんなことを思い出してたら、なんだか二度とあなたのことを叱るなんてできなくなりそう。

あなたは、もうこんなにも、私に恩返しをしてくれてたんですね。
こんなに小さいのに、何度も何度も、私にたくさんの「ありがとう」をくれてたんですね。

なのに、ごめんね。いつも怒ってばっかりでごめん。

ママ、あなたに伝えたいことがたくさんあります。

たくさんたくさん、あなたに伝えておきたいことがあります。
誰よりも大切なあなたのために、遺しておきたいことがたくさんあります。

とっても長いけど、どうか、ゆっくりで良いからこれを読んでください。




↓生温かく見守ってくれる方は、クリックして下さいね。

テーマ :
ジャンル : 心と身体

↓これまでのお客さま
プロフィール

のん

Author:のん

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
↓メッセージをどうぞ(管理人にのみ送信され、ブログ上には表示されません)

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
花束お届け
父の日・ギフト・花束・母の日
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
↓ケータイで読みたい方
QRコード